更年期からリスク上昇!注意したい女性の生活習慣病

更年期からリスク上昇!注意したい女性の生活習慣病
女性は更年期を境に、糖尿病や高血圧といった生活習慣病の発症リスクが上昇します。生活習慣病は自覚症状がないまま進行し、重症化すると脳卒中など命に関わる重大な病気につながる恐れがあり、軽視できない病気です。そこで今回は、更年期から生活習慣病の発症リスクが高まる理由と、代表的な生活習慣病について解説します。

 

女性ホルモンの減少が健康面に影響

 

心配_女性

 

更年期とは閉経を挟んだ約10年間を指します。日本人女性の平均閉経年齢はおよそ50歳なので、一般的に45~55歳が更年期にあたります。

更年期は閉経に向かって、女性の体が大きく変わっていく転換期。
更年期を迎えるころになると、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が急激に減少し、ホルモンバランスが乱れて、更年期症状や月経不順が起こるようになります。

ただ、更年期に女性の体に訪れる変化はこれだけではありません。エストロゲンの減少は健康面にも悪影響を及ぼします。エストロゲンは月経や妊娠・出産といった生殖機能に関わるだけでなく、血管の老化を防ぐ、脂質や糖の代謝をスムーズにするといった働きもあり、女性の体を病気から守る重要な役割を果たしています。

そのため、更年期以降にエストロゲンが急激に減少すると、血圧や血糖、脂質の値が上がりやすくなり、糖尿病や高血圧、脂質異常症をはじめとした生活習慣病の発症リスクが一気に高まるのです。

 

 

内臓脂肪が増えてメタボのリスク増

 

心配_太った女性

 

エストロゲンには内臓脂肪を減らす働きもあります。しかし、更年期に入ってエストロゲンが減少すると、内臓脂肪がたまりやすくなり、肥満になる人が増えてきます。そこで注意したいのが、メタボリックシンドロームです。メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪型肥満に加えて、①高血糖、②高血圧、③脂質異常のうちいずれかの危険因子が2つ以上重なった状態を指します。こうした危険因子が重なると、動脈硬化が進行しやすくなり、脳卒中や心筋梗塞など命に関わる病気を招く危険性が高くなります。

 

更年期から気をつけたい主な生活習慣病

 

病院

 

では次に、生活習慣病の中でも代表的な3つの病気について知っておきましょう。それぞれの生活習慣病は併発しやすく、互いに悪影響を及ぼします。併発していることで動脈硬化が進行しやすく、放置しておくと、脳卒中や心臓病などのリスクが高くなるので注意が必要です。

 

高血圧

 

血圧は年齢とともに上がる傾向がありますが、更年期を境にそれまで低血圧だった人が、急に血圧が高くなるケースが増えてきます。エストロゲンには血管の収縮や老化を防いで、血圧を正常に保つ作用があります。しかし、更年期ごろになるとエストロゲンが減少するため、血圧が上がりやすくなってしまいます。高血圧を放っておくと、血管に強い圧力がかかって動脈硬化の原因になります。

 

 

糖尿病

 

糖尿病は血液中の糖を代謝するホルモンであるインスリンが不足したり、その働きが悪くなることで、慢性的に血糖値が高くなる病気。エストロゲンにはインスリンの作用を高めたり、分泌を促す働きがあります。ところが、更年期ごろになってエストロゲンが低下すると、インスリンの分泌量が減少し、血糖値が上昇しやすくなります。血糖が多い状態が続くと、血管が傷つけられ、動脈硬化が進んでしまいます。

 

 

脂質異常症

 

血液中のコレステロールや中性脂肪が過剰になるのが脂質異常症です。エストロゲンには、LDL(悪玉)コレステロールの増加を抑え、HDL(善玉)コレステロールを増加させる働きがあります。ところが、更年期になるとエストロゲンが減少するため、LDLコレステロールが増加してしまいます。LDLコレステロールが増え過ぎると血管壁に付着して、血管が狭くなり、血管の弾力が失われて動脈硬化を引き起こします。

 

 

 

更年期からの生活習慣病を防ぐためには

 

ガッツポーズ_女性

 

加齢によるエストロゲンの減少は避けられません。しかし、生活習慣病の主な原因は不健康な生活習慣にありますので、病気の予防や進行を抑えるためには、生活改善が第一です。

なかでも食事と運動は重要です。食事はバランスよく摂り、食べ過ぎに注意しましょう。また、ウォーキングなど適度な運動は、内臓脂肪を減らすのに効果的。更年期以降の人生をイキイキと過ごすためにも、日頃から生活習慣を整え、自分で自分の健康を守る意識が大切です。